診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

< 記事一覧

自身に似合うのは何色?パーソナルカラー診断

「仕事に役立つ!パーソナルカラー診断」は、株式会社AOKIホールディングスが提供している診断コンテンツです。

概要

自身の性別を選択して、手のひらや手首の血管の色、顔立ちの印象といった2択の質問に対して解答していくだけで、自分に似合うパーソナルカラーの診断結果が表示されます。

診断結果の画面では、自身のパーソナルカラーと「スーツやジャケットを選ぶなら…」というおすすめコメントが表示され、購買に繋げようとする工夫が見られます。

さらに結果画面の最後には「AOKI」「ORHICA」のオンラインサイトに直接アクセスできるリンクが表示されており、仕事に役立つパーソナルカラーを知ったユーザーがそのカラーに合ったアイテムの購買を促す仕組みになっています。

想定される目的

  • どの色が似合うかわからないユーザーに対して、仕事に役立つパーソナルカラーを知ってもらう
  • 自分に似合うパーソナルカラーのファッションを身につけ、好感度が高いビジネスパーソンになってもらう
  • 自身のパーソナルカラーに関連したスーツやジャケット、小物など自社アイテムの購入を促す

工夫ポイント

「仕事で役立つ!パーソナルカラー診断」の工夫ポイントは3つあると考えられます。

1. 診断結果がイラストで表示されるためイメージがしやすい

イラストがあることによって、そのパーソナルカラーがどんな雰囲気なのか具体的にイメージでき、商品を選ぶ際に役立つと考えられます。

2. どんなパーソナルカラーが似合うか複数パターン提案

診断結果とはいえ、人によって好きな色や嫌いな色があります。カラーパレットで複数のパーソナルカラーを提案してくれるので、自分好みのカラーを選びやすいようになっています。また、オンラインサイトで商品を探す際もカラーパレットで絞り込めるので、自分に似合う商品だけを見ることができます。

3. パーソナルカラーが相手にどのような印象を与えるかわかる

診断結果の画面上で、パーソナルカラーに関するちょっとしたアドバイスがもらえます。例えば、「仕事ができる男と言われたいなら知識聡明の紺」「やる気をアピールしたいなら情熱のレッド」といったイメージです。

仕事でどのような印象を与えるか具体的にわかるため、自身のパーソナルカラーに該当する商品の購買促進に繋げられるでしょう。

さいごに

上記の3つの工夫ポイントによって、ユーザーが商品を選びやすくなったり、購買意欲の促進に繋がると予想します。

ファッション系オンラインサイトの課題である「似合う色がわからない」「スーツを身につけた時の具体的なイメージが湧かない」といった点が、この診断コンテンツによって解消されるはずです。

最終的にスーツやジャケットなど自社のアイテムを購入してもらうために、イラストでイメージを湧かせたり、パーソナルカラーに関するアドバイスするなど、様々な工夫ポイントがある診断コンテンツでした。自社のお取り組みに、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

利用料金・管理画面のデモ・
作成方法など、
お気軽にお問い合わせください。

ヨミトルは、診断コンテンツをの作成からデータ活用まで可能なクラウドサービスです。
詳しい特徴はこちらをご確認ください。

イメージ画像|診断コンテンツが作成できる

診断コンテンツが
作成できる

イメージ画像|自社サイトに設置できる

自社サイトに
設置できる

イメージ画像|リード情報取得 データ活用ができる

リード情報取得
データ活用ができる