記事を
シェア

診断コンテンツTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断のすべてがわかるメディア

急成長するパーソナライズサプリ市場|成功事例とパーソナライズ手法を解説

パーソナライズサプリとは、個人の健康状態やライフスタイルに応じて最適化されたサプリメント。成長が鈍化したサプリメント市場において、パーソナライズサプリが急成長しています。消費者がパーソナライズサプリを求める理由とともに、成功事例やパーソナライズ手法について解説します。

更新日:2024/04/29

さまざまな顧客情報を分析して、最適化した情報を提供するパーソナライズサービス。
パーソナライズサービスは2023年3月9日放送の「あさイチ」のトレンドcatchでも取り上げられ、人気のサービスとして高い注目を浴びています。

なかでもサプリメント市場においては、パーソナライズサプリに数多くの企業が参入し、今後、大きな市場拡大が期待されています。

そこで、今回の記事では急成長するパーソナライズサプリの成功事例を紹介するとともに、パーソナライズ手法の導入に効果的な、診断コンテンツについて解説します。

※当コンテンツは、パーソナライズに使える診断作成ツール「ヨミトル」を提供するピクルスが監修しています

パーソナライズサプリとは?

パーソナライズサプリとは、個人の体質や健康状態、ライフスタイルなどに合わせてパーソナライズされたサプリメントです。

パーソナライズサプリは個人に最適なサプリメント配合を提案できるという強みを活かし、サプリメントの新たな市場を創り出しています。

そこで、ここではサプリメント業界で高い注目を集めている、パーソナライズサプリについて解説します。

サプリメントのパーソナライズ化

従来のサプリメント商品は幅広い顧客に販売するのが前提となっているため、どのような成分をどれだけ摂取するかは基本的に顧客の判断に委ねられていました。

そのため、顧客の中には適切な成分や摂取量が分からず、効果を実感しづらいという状況が起きていました。

そのような中、IT技術の進歩により様々な業界において、個人のニーズに最適化した商品やサービスを提供するパーソナライズ手法が導入されるようになりました。

サプリメント業界はその特性上、パーソナライズ手法との親和性が高く、いち早くパーソナライズサービスの導入が進んでいる業界のひとつです。

パーソナライズサプリはサプリメントの「健康の維持増進」という目的を考えると、とても高い付加価値を提供できるパーソナライズサービスと言えるでしょう。

急成長するパーソナライズサプリ市場

国内サプリメント市場は大型商材の機能性表示食品化や積極的な広告展開により、2020年度までは高い成長率を示していました。
しかし、これらの動きが一巡したこともあり、2021年度からは成長が鈍化する見込みとなっています。
参照:矢野経済研究所「健康食品市場に関する調査を実施(2022年)

その一方で、サプリメント市場に登場したパーソナライズサプリが、大きく市場拡大しています。
2020年には約57億円だった市場規模は2022年には約76億円まで拡大し、2年で30%以上の成長を遂げると予想されています。

パーソナライズサプリメント市場
出典:富士経済『H・Bフーズマーケティング便覧 2022 総括・パーソナライズ編』

1,600億円以上の規模があるサプリメント市場において、現状のパーソナルサプリはまだまだ小さなマーケットと言えます。
しかし、サプリメントのパーソナライズ化は今後、市場の大きな流れになると期待されています。

マーケター診断(リード獲得用)

パーソナライズサプリが求められる理由

サプリメント市場において、高い注目を集めているパーソナライズサプリ。
その大きな理由は、パーソナライズサプリには従来のサプリメント商品にはなかった、非常に大きなメリットがあるからです。

それらのメリットによってパーソナライズサプリを支持する顧客が増え、市場の急成長につながっています。

ここでは、パーソナライズサプリが顧客に強く求められている理由について解説します。

選び方が分からない

通常のサプリメント商品はより多くの顧客が購入できるように、商品のバリエーションがとても多くなっています。

皆さんもサプリメント売り場で数多くの商品を前にして、どれを選べば良いか戸惑った経験があるのではないでしょうか。

実は、選択するという行動は、人の脳に大きな負荷をかける行動です。
私たちは1日に35,000回もの選択をしていると言われ、夜になると頭の回転が鈍るのは選択疲れが原因の一つと言われています。

これまでのサプリメントは専門家によるアドバイスを受けられる機会も少なく、自分自身で適した商品を選ぶのがとても難しい環境でした。

だからこそ、個人の健康状態やライフスタイルに最適化して提案してくれるパーソナライズサプリは、顧客が選択する手間を省ける魅力的なサービスとなっています。

パーソナライズの手法として一般的に使われるのが、診断コンテンツです。
たとえば下記の「スキンケア診断」では、質問を通じてユーザーのお肌の状態を分析し、おすすめの化粧品を提案します。

スキンケア診断

こうした診断によってユーザーは「選択」から解放され、かつ自分に最適な商品を提案してもらえます。
納得感のある提案ができるため購入率も高く、需要が高まっているのです。

スキンケア診断をやってみる

セルフチェックできる

サプリメントを利用する顧客には、自分の健康状態に適した成分や量を選ぶことが大切です。

しかし、顧客は必ずしも自分の健康状態を的確に把握できているとは限らず、本来、摂取する必要のないサプリメントまで服用するケースが起きています。

サプリメント購入者にとって「現在の健康状態」を把握することはとても重要なポイントですが、医師や専門家に健康状態を気軽に診断してもらうのは難しい状況でした。

そのような問題に対し、パーソナライズサプリは健康の専門家による診断コンテンツを活用することで、個人が健康のセルフチェックをできる環境をつくりあげています。

顧客は自分の健康状態やライフスタイルに関する設問に回答すると、自分が抱えている健康への懸念をセルフチェックすることができます。

通常であれば医師や専門家に診てもらう手間がかかるところを、診断コンテンツによるセルフチェックができることも、パーソナライズサプリの大きな魅力です。

参考:診断クラウドサービス「ヨミトル」にて制作したストレス状態のセルフチェック診断

働く人のストレス診断

働く人のストレス診断

特別感が満たされる

人は誰しも、周りの人から特別な存在として認められたいという「承認欲求」を抱いています。

そのため、希少性や限定性の高いものに対して、特別感を抱いて購買意欲が増加するという心理効果が働きます。
これは「スノッブ効果」と呼ばれ、米理論経済学者のバーヴェイ・ライベンシュタインによって提唱されました。

私たちが高級ホテルや高級車、ブランド品などが高額であっても購入したいと思うのは、希少性や限定性が高いものを所有することで、特別感を抱こうとしているためです。

この顧客を購買行動に突き動かす「特別感」を、パーソナライズサプリは仕組みの中から作り上げることができます。

個人に最適化されたサプリメントというのは、言うなれば「オーダーメイド商品」。
ある意味、自分だけの商品ととらえることも可能です。

この「自分だけ」というキーワードは、顧客に特別な存在と認識させる効果を生み出します。
その効果により顧客はパーソナライズサプリだけではなく、特別感を与えてくれるサイトや企業に対しても高い信頼感を抱くようになります。

その結果、顧客のファン化による長期的な関係を構築する効果を期待できるでしょう。

パーソナライズ戦術診断

代表的なパーソナライズ手法

パーソナライズドマーケティングを実施したい場合、代表的な手法としては以下があります。

・パーソナライズド広告
・パーソナライズ動画配信
・パーソナライズメール
・ECサイトの商品紹介
・SNSのパーソナライズ表示
・パーソナライズド検索
・診断コンテンツ

各手法について詳しくは、下記の記事でご紹介しています。

売上が上がる「パーソナライズ化」とは?サービス事例や効果を紹介

「思ったよりいろいろな手法があるようだけど、自社に最適な手法はどれだろう?」

と気になった方には、以下のパーソナライズ戦術診断がおすすめです。

1分ほどの診断を受けるだけで、自社に最適な戦術と成功事例がわかります。

パーソナライズ戦術診断をやってみる

マーケター診断(リード獲得用)

パーソナライズサプリの成功事例

国内のパーソナライズサプリは2019年の登場以来、様々なサービスがスタートしています。
ここでは、それらのパーソナライズサプリの中から、注目されている成功事例を紹介します。

FUJIMI(フジミ)

FUJIMI(フジミ)
「FUJIMI(フジミ)」は安心安全な高品質商品によって、「美しさ」のパーソナライズ体験を提供する、パーソナライズビューティケアブランドです。

FUJIMIでは「FUJIMI MIRROR」というパーソナライズ分析によって、自分の美容や肌状態に関する診断を行います。

FUJIMI MIRROR

診断結果画面では自分の目指す美しさに最適化されたサプリメントが提案され、30包のセットを単品または定期で購入できます。

パーソナライズサプリの配合成分についてはサイト上で詳細が紹介され、自分のサプリに期待できる効果を確認できます。

また、より詳しい相談を希望する際は、FUJIMI店舗においてコンシェルジュのカウンセリングをうけることも可能です。

Suppleno(サプリノ)

Suppleno(サプリノ)
「Suppleno(サプリノ)」は、一人ひとりのライフスタイルに寄り添って、その人に最適化されたサプリメントを提供するサブスクリプションサービスです。

Supplenoでは「ライフケア分析」によって、生活習慣や健康などに関する診断を行います。
Suppleno(サプリノ)

顧客には健康指数や健康習慣に関する診断結果とともに、注意すべきヘルスケアポイントについての解説が提示されます。

その上で、診断結果を元にしたパーソナライズサプリが提案され、配合成分について詳細が確認できるようになっています。

また、サイト上ではユーザーボイスが紹介されていて、Suppleno愛用者の様々な意見を参考にできるつくりとなっています。

Waitless(ウェイトレス)

Waitless(ウェイトレス)
「Waitless(ウェイトレス)」は食事とワークアウトのサポート、カスタムサプリメントの3本柱で、あなたにしか成し得ない美しさをサポートするパーソナライズドサービスです。

Waitlessでは「1minutes ONLINE COUNSELING」という診断コンテンツによって、自分の運動や食事に関する診断を行います。

Waitless(ウェイトレス)

顧客には理想のカラダに近づくためのダイエットアドバイスとともに、自分専用の食事 & 運動のダイエットプログラムとサプリメントが提案されます。

サプリメントは個人のダイエットプログラムに合わせてパーソナライズされていて、食事・
運動・サプリメントの3点からダイエットをサポートしています。

また、栄養士によるLINEカウンセリングも行っており、臨床実験ではダイエット成功率91%という実績を出しています。

FANCL パーソナルワン

FANCL パーソナルワン
「FANCL パーソナルワン」はWebアンケートと尿検査で栄養状態を見える化し、個人に足りない栄養素を補えるパーソナライズサプリです。

FANCL パーソナルワンではWebアンケートで現在の健康状態や生活習慣をチェックするとともに、基本栄養検査キット(尿検査)で不足している栄養素を診断します。
FANCL パーソナルワン
顧客には不足している栄養素が一目でわかるチャートや、食生活に関するアドバイスがメールにて届けられます。

顧客は提案されたサプリメントの中から、目的や予算に合わせて「ベースサプリ」と「健康悩み対策サプリ」を最大12種類まで選ぶことができます。

また、FANCLEでは「パーソナルワン マイラウンジ」という利用者専用ページが設けられています。
この専用ページでは、サプリメントの内容確認、生活習慣アドバイス、栄養状態や体調変化の記録などができ、顧客の健康づくりを幅広くサポートしています。

NEOTAO(ネオタオ)

NEOTAO(ネオタオ)
「NEOTAO(ネオタオ)」は自然由来の原料をベースに、一人一人の体調に合わせたパーソナライズサプリを提案するサービスです。

NEOTAOでは漢方医が監修したオンライン無料診断でカラダや肌の健康状態をチェックし、顧客の健康状態に合わせた漢方由来のサプリを提案します。
NEOTAO(ネオタオ)
顧客には体型、肌、睡眠などに関する診断結果やアドバイスとともに、それぞれの悩みにおすすめの漢方原料について解説されます。

パーソナライズされた漢方由来のサプリは、持ち歩くのが嬉しくなるお洒落なデザインの個包装で届けられます。
NEOTAO(ネオタオ)

また、NEOTAOは公式インスタグラムを開設していて、メインターゲットとなる女性層へ積極的な情報発信を行っています。

VITANOTE(ビタノート)

VITANOTE(ビタノート)

「VITANOTE(ビタノート)」は尿検査で栄養状態を分析し、一人一人に足りない栄養素を補えるパーソナライズサプリです。

VITANOTEでは栄養検査キットを使用して尿を送ると、ビタミンやミネラルなど20項目の検査結果がスマホに届けられます。
VITANOTE(ビタノート)

個別栄養素の過不足はスコアとともにmg、μg単位で分かり、結果だけでなく栄養素の役割を詳しく説明してくれます。

これらの検査結果を元にパーソナライズサプリのレシピが作成され、ビタミンやミネラルを不足している量だけ配合されたサプリメントが出来上がります。
そのため、VITANOTEは一般的なサプリメントと違い、過剰摂取や不足の心配がない、安心して利用できるサプリメントサービスを実現しています。

パーソナライズ戦術診断

効果的なパーソナライズ手法「診断コンテンツ」

サプリメントをはじめとするパーソナライズサービスを展開するには、顧客の個人情報やライフスタイルを分析するためのツールが必要です。

そのような分析ツールの中で、パーソナライズサプリをはじめとして最も数多く利用されているのが、「診断コンテンツ」です。

診断コンテンツを利用すれば、ユーザーからの回答を得ることで情報の分析が可能となり、パーソナライズサービスの基礎データをつくることができます。

ここまでに紹介した成功事例においても多くのサイトで診断コンテンツが利用されていて、パーソナライズサービスととても相性が良いツールと言えるでしょう。

ここでは、パーソナライズに効果的な診断コンテンツのメリットと問題点について解説します。

診断コンテンツのメリット

診断コンテンツの大きなメリットは以下の3点です。
・個人情報が取得できる
・顧客との信頼関係が構築できる
・コンバージョン率をアップできる

ここでは、それぞれのメリットについて解説します。

①個人情報が取得できる
現在、個人情報保護意識の高まりにより、企業が属性や購買履歴以外の情報を入手するのがとても難しい環境となっています。
その一方、診断コンテンツはユーザー自ら個人情報を入力してもらえるという、情報入手に優れたコンテンツです。

パーソナライズにおいて、個人情報はサービスの要となる重要なポイントです。
そのため、個人情報の独自入手を可能とする診断コンテンツは、競合との差別化においてとても重要な役割を担うでしょう。

②顧客との信頼関係が構築できる
人は自分がよく分からない情報について専門家などから説明されると、無条件に信用してしまう傾向があります。
この傾向は必ずしも人間に限らず、診断コンテンツでも同様の効果が働きます。

パーソナライズサプリにおいても詳しい診断結果を見せられると、顧客は診断やサプリメント、ひいてはサイトそのものに対して強い信頼感を抱くようになります。

その結果、顧客と企業の間に信頼関係が構築され、長期にわたる購買行動が期待できるでしょう。

③コンバージョン率をアップできる
診断コンテンツはその設計内容によっては、性格、考え方、悩みという人間の内面に関する情報も入手できます。

これらの情報は他のツールでは入手することが難しく、これらの情報を上手に活用すれば他のツールよりも精度の高いパーソナライズ化が可能です。

そのため顧客はより高い関心をパーソナライズサービスに示し、問い合わせや購入などのコンバージョン率をアップにつなげられるでしょう。

こういったメリットをもつ診断コンテンツの成功事例については以下で紹介しています。

診断コンテンツの問題点

パーソナライズにとても効果的な診断コンテンツですが、その一方で大きな問題点が2つあります。

一つ目は、独自の診断開発ノウハウが必要だということです。

診断コンテンツの開発には診断ロジックの設計や診断形式の選択など、独自の開発知識が求められます。
ですが「診断開発知識」を有している人はそれほど多くなく、社内スタッフから見出すのはとても難しいのが実情でしょう。

そして、もう一つの問題点が制作費です。

通常、自社でオリジナル診断を制作するには、内容によっては300~500万円ほどかかると言われています。
この金額は診断コンテンツによってもたらされるメリットとの兼ね合いになりますが、決して手軽に導入できる金額ではありません。

診断コンテンツから得られるメリットと制作費用とのバランスをいかにとるかは、診断コンテンツ導入に際してとても重要な課題になるでしょう。

マーケター診断(リード獲得用)

診断をパーソナライズ運用するなら「ヨミトル」

診断コンテンツはパーソナライズサービスにとって、とても重要な役割を担うコアコンテンツです。

しかし診断コンテンツの作成には開発ノウハウや開発費の問題があり、チャレンジしづらいと考える方も多いと思います。

そのような方におすすめしたいのが、診断クラウドサービス「ヨミトル」です。
「ヨミトル」は診断の作成からデータ活用を簡単に始められる診断クラウドサービスです。

ここでは、「ヨミトル」を診断コンテンツ作成に利用するメリットについて紹介します。

自社でのカスタマイズが可能

これまで診断コンテンツの開発には専門家によるロジック制作が必要なため、外部に制作を依頼するしかない状況でした。
そのため、自社内には診断コンテンツのロジックに詳しい人がいないケースがあり、自社でカスタマイズできないという事態が起きていました。

しかし、診断クラウド「ヨミトル」を活用すれば、このような診断コンテンツのブラックボックス化を防ぐことができます。

診断クラウド「ヨミトル」であれば、ロジック種別と設問の形式を選ぶだけで診断コンテンツを作成できます。
診断クラウドヨミトル

また、作成済み診断からひな型を流用すれば、より簡単に作成することも可能です。

自社で診断コンテンツを作成できれば中身のブラックボックス化を防げ、ビジネスの状況に合わせて柔軟にカスタマイズできます。

実際にヨミトルをご利用いただいたお客様の声は、こちらでご紹介しています。

リーズナブルな制作費

通常、300~500万円ほど必要となる診断コンテンツ開発ですが、診断クラウドサービスの「ヨミトル」であれば、初期費用20万円・月額費用8万円(年間利用)と圧倒的な低コストでの提供を実現しています。​
診断クラウドヨミトル

また、利用期間についても、短期から長期まで複数のプランから選べます。
診断クラウドヨミトル 基本料金

「ヨミトル」を上手に活用すればスポットでパーソナライズサービスをテストし、顧客の反応を見ながら本格展開を検討することも可能です。

診断データの分析・活用

ヨミトルでは診断コンテンツから取得する情報の項目設定ができます。

取得した情報は診断レポート、回答レポート、アクセスレポートで確認できます。
これらのデータを分析・活用すれば、パーソナライズサービスのさらなる精度向上へとつなげられます。
診断クラウドヨミトル

また、リード(見込み客)情報を的確に一括管理すれば、売上やコンバージョン率のアップを図れるでしょう。

※ヨミトルで開発された診断コンテンツ事例はこちら

パーソナライズ戦術診断

まとめ

ここまでパーソナライズサプリの成功事例と、効果的なパーソナライズツールである診断コンテンツについて解説しました。

パーソナライズサプリは従来商品の大きな問題点を解決する、画期的なパーソナライズサービスの代表的な導入事例となっています。

パーソナライズサービスは一部の業界で始まったばかりであり、いまだ導入の進んでいない分野は数多くあります。
それらの中にはパーソナライズサプリのような、新たな市場が形成される分野があるはずです。

今後、顧客ニーズの多様化が進めば、パーソナライズサービスへのニーズはますます高まっていくと予想されます。
だからこそ独自手法によるパーソナライズサービスは、競合との差別化を図る重要な要素となっていくでしょう。

「診断コンテンツを活用して、パーソナライズサービスに挑戦したい」
「オリジナルの診断コンテンツを作成してみたい」

このようにお考えであれば、ぜひ、診断クラウドサービス「ヨミトル」のご利用をご検討ください。
また、「もっと詳しく診断コンテンツについて知りたい」というご要望がありましたら、こちらのフォームからお問い合わせください。

購読・フォローして最新情報をチェックしよう!

想定される活用シーン

レコメンド/パーソナライズ

ライター:リバーサイド

心理学マーケター

心理学に基づく人間の性格や愛情、行動分析などベースに20年以上に渡り、診断開発や企業のマーケティング分析を行う。心理学、脳科学、マーケティングの研究から、人間の心理とビジネスの良い関係作りに取り組んでいる。

AIで診断をカンタン作成
診断コンテンツは顧客を獲得する最強の手段

お見積り・資料請求・キャンペーンのご相談など
お気軽にお問い合わせください!

※お急ぎの方は、「ミーティング予約」よりご予約くださいませ。
※セールスのご予約は受け付けておりません。

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1791-4321

受付時間:10:00〜17:00

※セールスのお電話は受け付けておりません。
※リモート勤務の為、お電話での対応ができない場合がございます。