記事を
シェア

診断コンテンツTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断のすべてがわかるメディア

コンテンツマーケティングおすすめ本ランキング12選【内容、手順、実践方法がわかる】

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、効果的な実践方法や手順を理解した上で実行することが重要です。本記事ではコンテンツマーケティングを始める際に参考となる本だけでなく、マーケターとしてのスキルアップに繋がるおすすめ本をランキング形式で紹介します。

更新日:2024/05/02

監修:田中博基(たなかひろき)

監修:田中博基(たなかひろき)

コンテンツマーケター

株式会社ピクルスのコンテンツマーケター。SEOライティング歴7年。月間250万PVのメディア運用に携わる。ピクルスではオウンドメディア、Twitter、診断コンテンツ、Youtube等のチャネル運営を統括し、UU数5倍以上、リード獲得数を20倍以上に成長させた実績あり。


コンテンツマーケティングで成果を出すためには、効果的な手法や実践方法を理解し実行することが重要です。

本記事では、コンテンツマーケティングの初学者向けの入門書だけでなく、マーケターとしてのスキルアップにつながる書籍もランキング形式で紹介します。

※当コンテンツは、コンテンツマーケティングに効果的な診断作成ツール「ヨミトル」を提供するピクルスが監修しています。

コンテンツマーケティングについて学べる本

コンテンツマーケティングについて学べる書籍を、amazonの口コミ数が多い順にランキング形式で紹介します。

Webマーケティング関連の書籍としてはめずらしく、2015年前後に発売された書籍が多いのがコンテンツマーケティング本の特徴です。「顧客が望むコンテンツを配信し、関係性を強化する」というコンテンツマーケティングの本質は変わっていないことが良くわかります。

1位:いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本
「人気講師が教える〜」というタイトル通り、豊富な図解を用いてセミナーのような感覚でコンテンツマーケティングについて学べる書籍です。

コンテンツマーケティング支援で実績のある株式会社イノーバの宗像淳氏と亀山將氏が著者となり、コンテンツマーケティングの概要から企画・戦略立案、コンテンツ制作・拡散、効果測定までの一連のプロセスを詳細に解説しています。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・マーケティングに関する悩みや知りたかったポイントが分かる
・幅広いトピックをカバーしているため、断片的な知識が繋がり理解が深まる
・この本を読めば、コンテンツマーケティングを始めたくなる

 

2位:Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書
コンテンツマーケティングのあらゆるフェーズで役立つ一冊です。

コンテンツマーケティングを実践したい人のために、効果的なコンテンツの作り方、アイデアの考え方、効果が上がらない場合の改善方法など、具体的な制作・拡散・チューニングのノウハウが解説されています。

さらに、ビジネスゴールや商品タイプに応じてコンテンツマーケティングの手法を分類し、方向性や戦略の違いに関しても解説されているため、自社の環境に適したコンテンツマーケティングの手法がわかる書籍です。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・実践的な手順を、ビジュアルや図解を使ってわかりやすく解説している
・抽象的な概念や説明が難しい部分でも、噛み砕いて説明しているため理解しやすい
・実践しながら利用することができる実用書

 

3位:できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88

できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88
予算や人手に限りがある中でも実践可能な、コンテンツマーケティングのノウハウが紹介されている書籍です。

・コンテンツ制作やSEOの基礎
・コンテンツページの分析
・BtoBとBtoC向けのオウンドメディアの文章執筆術
・SEOを意識したソースコードの強化ポイント
・リスティング広告を活用したユーザーの誘導や集客

など、様々なマーケティング手法が解説されています。

潜在的なユーザーを自社のサイトに引き付けるためには、自社のビジネスやサービス、そしてユーザーに対する深い理解が欠かせません。そして、ユーザーが興味を示すWebコンテンツを提供することが重要です。

多くのサイト運営者は、自社のビジネスやユーザーについては理解していても、どのようなWebコンテンツが適切かを具体的に把握できず、苦労していることも少なくありません。本書では、そうした悩みを解決するために、読者が理解を深めながらコンテンツを作成し、改善策を実行するためのノウハウが解説されています。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・この本を読むだけで、基本的なウェブマーケティングに対応できる
・具体的で効果的なノウハウが載っているため、施策実行の優先順位の検討に役立つ
・初心者のウェブ担当者でも理解しやすい

 

4位:エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書

エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書
コンテンツマーケティングの基本的な内容から歴史までを網羅した一冊です。マーケティングの展開方法やコンテンツの作成から配布、管理方法まで、実践的な知識がまとめられています。

本書は海外のコンテンツマーケティングの第一人者による解説書であり、信頼関係の構築に焦点を当てた内容となっています。コンテンツマーケティングの意義や作成、配布、管理方法について詳しく解説されており、「何を売るか」ではなく「顧客のために何ができるか」というコンテンツマーケティングの本質が理解できる書籍です。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・骨太であり、重要な論点や思想が明確に書かれている
・根本的な思想や目指すべきものが、よく理解できる
・一部古くなった方法論が含まれているかもしれないが、重要な内容が掲載されている

 

5位:コンテンツマーケティングの教科書

コンテンツマーケティングの教科書
コンテンツマーケティングに興味を持つ初心者から、実践中の中級者までが対象の書籍です。コンテンツマーケティングの概念から手順まで、事例を交えながら具体的に解説されています。

本書は、日経BPコンサルティングのWebコンテンツである「コンテンツマーケティングの教科書」の内容を書籍化したものです。日経BPコンサルティング社は、紙メディアやウェブサイトを問わずオウンドメディアやメールマガジンの制作を行っています。本書では、それらのノウハウも 解説されており、具体的なコンテンツの企画・編集・制作の進め方について詳しく説明されています。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・​​コンテンツマーケティングの全体像の理解に役立つ
・他社の取組事例が参考になる
・初めてコンテンツマーケティングに取り組む人にとって、価値のある一冊

 

6位:KPI・目標必達のコンテンツマーケティング 成功の最新メソッド

KPI・目標必達のコンテンツマーケティング 成功の最新メソッド
コンテンツマーケティングを始める初心者だけでなく、既に実践している人にもおすすめできる書籍です。

コンテンツマーケティングの基礎知識から具体的な企画や制作方法、特にネタ不足に悩む人に役立つ解決策まで分かりやすく紹介されています。さらに、成功しているWebサイト運営者へのインタビューも含め、コンテンツマーケティングの成功に向けたノウハウが網羅されています。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・​​コンテンツマーケティングの全体像の理解に役立つ
・他社の取組事例が参考になる
・初めてコンテンツマーケティングに取り組む人にとって、価値のある一冊

 

5倍のリードが手に入る

Webマーケティングの知識を深めるための本

コンテンツマーケティングを学ぶにあたっては、Webマーケティングの知識も深めることが重要です。

・Webマーケティング全般について学べる書籍
・GA4の解説書
・SEOの基礎がわかる書籍

の3冊をamazonの口コミ数のランキング形式で紹介します。

1位:沈黙のWebマーケティング―Webマーケッター ボーンの逆襲

沈黙のWebマーケティング―Webマーケッター ボーンの逆襲
Webコンテンツとして公開されていた「沈黙のWebマーケティング」を書籍化したものです。Webマーケッターのボーン・片桐が活躍するマンガ風のストーリーと解説が組み合わされた内容となっています。

Webマーケティングを「Webを通じて商品の価値を顧客に届ける一連の施策」と定義し、Webマーケティングは商品が本来持つ価値の「100%まで」を伝えるものだと本書では述べています。そのため、真摯に商品と向き合い、価値を顧客に適切に伝える導線づくりの重要性やヒント、具体的な施策の考え方が解説されています。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・コンテンツ作成を漫画仕立てで、わかりやすく解説している
・コンテンツマーケティングの基本的な考え方を学べた
・ホームページやブログ作成に携わるなら、この本は必読

 

2位:1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本 (1週間で基礎が学べるシリーズ)

1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本 (1週間で基礎が学べるシリーズ)
GA4の基礎から活用法まで身につけられる一冊です。GA4とは「Googleアナリティクス4プロパティ」の略称で、2020年10月にリリースされたGoogleアナリティクスの最新版です。従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)は2023年7月に計測機能が廃止されるため、アクセス解析を担当する人はGA4に慣れていく必要があります。

そこで31人のWebマーケッターがGA4の全体像と基礎知識を提供するために分析を重ね、日本初のGA4解説書を作成しました。1日1章ずつ読み進めることで、7日間で無理なく知識を身につけることができます。

GA4では従来のGAから新機能や大幅なアップデートが行われているため、この書籍を読み基本的な知識を身に着けておくことをおすすめします。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・GA4の入門書としてわかりやすい
・基本を見返すための資料として役立つ
・手元に置いておく価値のある一冊

 

3位:いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方
SEOの入門書と呼べる書籍です。セミナー形式でSEOの本質的な考え方について学べる一冊です。

本書では、ユーザーの検索意図に合わせて適切なキーワードを対策し、適切なサイト構造を作るための基礎から学ぶことで、効果の持続する「正しいSEO」を実践できると説明しています。

Googleのモバイルファーストインデックス(MFI)など、モバイル検索環境でのSEOに関する新たな章も追加されており、Web担当者が最初に知っておくべき技術や手法を簡潔に学べる書籍です。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・初心者から上級者までおすすめできる
・SEOの基本から業界や業種に応じた具体的なサイト作りまで、網羅されている
・「何をしたら良いのかわからない」という状態から、具体的な行動に落とし込めた

 

マーケター診断(リード獲得用)

マーケティング全般の知識を得るための本

コンテンツマーケティングを実践するにあたり、マーケティング全般の知識を身に着けていれば全体を俯瞰した状態で施策を実施できます。

・BtoBマーケティングに特化した書籍
・MBAで用いるマーケティングの教科書
・フィリップコトラーの入門書

の3冊を紹介します。

1位:事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践

事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践
著者が実際の事例に基づき、以下のような相談事例に対して企業にアドバイスをしていく内容の書籍です。

「リード数や商談数は増えているが、受注につながらない」
「MAツールを導入したが、活用できていない」
「競合の参入でCPAが高騰し、受注率が低下している」

本書で紹介されている11の事例を読み解くと、ベンチャー企業から大企業ならではの典型的な課題や、企業の成長フェーズごとにマーケティング担当者が直面するであろう悩みなどを網羅的に把握できます。

コンバージョンポイントの重要性を意識し、そこから逆算して戦略と施策を考え、コンバージョンに至る階段をなめらかに設計することの重要性がわかる一冊です。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・BtoBマーケティングを事例を通じて学べるだけでなく、実践に活かせる
・著者がマーケティングのコンサルティングを行っているため、信憑性がある
・事例の種類が豊富で、自社の課題に近いケースを参考にできる

 

2位:グロービスMBAマーケティング

グロービスMBAマーケティング
本書は、グロービス経営大学院でマーケティングの教科書として用いられています。

環境分析と市場機会の発見、セグメンテーションとターゲティング、ポジショニング、マーケティングの4Pなど、マーケティング初学者が最初に知っておくべき概念が1つずつ丁寧に解説されています。

要点を抑えてコンパクトにまとめられているため、マーケティングの基礎を理解しやすい内容になっています。
実務的な内容を掘り下げて学びたい場合は、この記事で紹介したWebマーケティングやコンテンツマーケティングの書籍を読むことをおすすめします。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・マーケティングの重要な考え方や手法を学べる
・事例が豊富に載っているため、施策がどのように機能したのか理解できる
・マーケティングの基礎体力が高まる

 

3位:コトラーのマーケティングコンセプト

コトラーのマーケティング・コンセプト
マーケティングを学びたい初学者だけでなく、マーケティング経験が豊富な人にもおすすめできる定番の一冊です。

競争原理、成長戦略、顧客志向、販売促進など、興味を引くキーワードを辞書形式でチェックできます。マーケティング担当者だけでなく、経営層や管理職全般にも役立つ内容となっている点が特徴です。

コトラーは様々な書籍を出版していますが、まずはこの本を読み基本的な知識を身につけると良いでしょう。

次のような点が、口コミで評価されていました。
・マーケティングの重要なコンセプトを学べる
・古典的なマーケティングの原則が、現代の時代背景に合わせた新しい切り口で紹介されている
・マーケティングの基本原則を学ぶのに価値のある一冊

 

5倍のリードが手に入る

まとめ

今回の記事では、コンテンツマーケティングを始める際に役立つ本だけでなく、マーケターとしてスキルアップにつながる本も紹介しました。

コンテンツマーケティングの知識は、書籍だけでなくウェビナーやオウンドメディアから学ぶのもおすすめです。そういった媒体からも学ぶことで、効果的な実践方法や手順の理解を深められます。

例えば、当サイトを運営しているピクルスが開催したセミナー動画では、ヒットしたコンテンツの成果やノウハウを学ぶことができます。実際の事例をひも解きながら解説しているため、実践的な知識を身につけることが可能です。

動画視聴はこちらから⇨【マーケター診断:1ヶ月で5,5万人集客コンテンツ】認知拡大・リード獲得に効果絶大!診断活用マーケティング手法のノウハウ。

また、本ブログのコンテンツマーケティングの記事一覧でも役立つ情報を公開していますので、ぜひご覧ください。

自社のマーケティング施策に課題を感じているなら、ピクルスが提供しているマーケティング課題診断(無料)をおすすめします。
マーケティング課題診断

集客から成約、再契約までに必要なマーケティング課題から、現状の強味と弱味がわかります。ぜひお試しください。

購読・フォローして最新情報をチェックしよう!

想定される活用シーン

コンテンツマーケティング

想定される診断タイプ

パーソナライズ

ライター:土光 宜行(どこう よしゆき)

BtoBマーケター

ヘルスケア業界にてBtoBマーケティングに10年以上従事。この他に、製品開発、営業、パイプライン管理の経験あり。マーケティングの川上から川下まで俯瞰して施策を立案し、実行できる点が強み。

AIで診断をカンタン作成
診断コンテンツは顧客を獲得する最強の手段

お見積り・資料請求・キャンペーンのご相談など
お気軽にお問い合わせください!

※お急ぎの方は、「ミーティング予約」よりご予約くださいませ。
※セールスのご予約は受け付けておりません。

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1791-4321

受付時間:10:00〜17:00

※セールスのお電話は受け付けておりません。
※リモート勤務の為、お電話での対応ができない場合がございます。