記事を
シェア

診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

急成長するパーソナライズフードビジネス|具体事例と重要ポイントを解説

パーソナライズフードとは、個人の健康や嗜好に合わせて食事を提供するサービス。食の様々なシーンをパーソナライズすることで、市場は急成長しています。この記事では、パーソナライズフード市場で成功を収めるにはどうすれば良いのか、具体事例を紹介しながらビジネスの重要ポイントについて解説します。

更新日:2024/01/02

パーソナライズフードとは、個人の体質や好みに合わせて最適な食事や飲料を提供するサービスです。

近年、ITの発展に伴い、多くの分野において顧客情報を分析し、最適化した情報を提供するパーソナライズサービスが広まっています。

その中で大きく注目されている市場がパーソナライズフードです。
パーソナライズフードはITとフードテックの進化や健康志向の高まりを背景に、世界規模で大きく市場拡大しています。

そこでこの記事では、パーソナライズフードの具体事例を交えながら、ビジネス成功の重要ポイントについて紹介します。

※当コンテンツは、パーソナライズに有効な診断作成ツール「ヨミトル」を提供するピクルスが監修しています。

▼競合と差をつける「診断マーケティング」について動画で解説中!

パーソナライズフードとは

パーソナライズフードを簡単に説明すると、「あなただけの食事」。

人は食事において、カラダの状態や栄養素の必要量、アレルギーの有無、好き嫌いなど様々な違いがあります。
パーソナライズフードとは、そのような個人差を考慮して、最適な食事や飲料を提案してくれるサービスです。

このパーソナライズフードによる食事や飲料の個人最適化は、フードテックとITという2つのテクノロジーによって実現されました。

そこで、ここではパーソナライズフードとテクノロジーの関係について解説します。

フードテック

フードテックとは食に関する技術やサービスの総称で、フード(Food)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語です。

フードテックは食品の生産、加工、流通、消費など様々な領域に最新技術を応用することで、食に関する様々な問題解決が図られています。

・大豆を主原料とした代替肉によって、地球環境や動物福祉に配慮する
・昆虫を原料とした食品によって、環境負荷軽減や食糧不足に対応する
・調理ロボットの開発によって、人手不足のカバーやコスト削減を実現する

このように新しいテクノロジーを食の分野に取り入れることによって、人々の健康や環境保護に革新をもたらす技術として注目されています。

パーソナライズフード

パーソナライズフードとは、個人の体質や好み、目的に合わせて最適化された食品や飲料を提供するサービスです。

これまで個人の健康状態や生活スタイルに合わせた食材や料理を提供するには多くの手間がかかり、どうしても高額なサービスとなっていました。

しかし、近年ではITが発展したことで、診断コンテンツや尿検査サンプル送付などによって、健康状態や栄養素の摂取量など様々なデータを把握できるようになりました。
そして、これらのデータ分析とフードテックを組み合わせることで、個人に合わせた食材や料理をお手頃な価格で提供できるようになったのです。

パーソナライズフードは、健康や美容、ダイエットなどの目的に応じて、必要な栄養素やカロリーを調整したり、アレルギーや嗜好を考慮できます。
また、好きな味や形にカスタマイズすることで、食事の楽しさや満足感も高められるようになりました。

パーソナライズフードは、ITとフードテックの発展によって誕生し、個人に寄り添う新しい食の在り方を切り開く革新的なサービスと言えるでしょう。

すでにパーソナライズフードを活用している企業の事例はこちらで詳しく紹介しています。

マーケター診断(リード獲得用)

パーソナライズフードの仕組み

パーソナライズフードは、ITとフードテックの発展によって実現された革新的なサービスです。
それでは、その仕組みはどのようになっているのでしょうか。

ここではパーソナライズフードの仕組みについて、個人情報の分析、食品製造、商品配送という3つの観点から解説します。

個人情報の分析

パーソナライズフードの一つ目の仕組みは、個人情報の分析です。
ここでの個人情報とは、体質や健康状態、栄養素の摂取量、遺伝子や腸内細菌などのバイオマーカー、好みや目的などの食に関するさまざまなデータを指しています。

パーソナライズフードではこれらのデータを、診断コンテンツや尿検査、アンケートなどによって取得します。

これらの個人情報取得方法の中で、特に利用されているのが診断コンテンツと尿検査です。

診断コンテンツはPCやスマホで回答することにより、即座に顧客の個人情報を分析できるというメリットがあります。
また顧客にとっても診断結果やパーソナライズフードの商品内容など、関心の高い情報を取得できるというメリットがあります。
そのため、興味を持った段階から購入までの流れがスムーズで、購入につながりやすいという特徴があります。

※ネット上におけるパーソナライズ診断の事例「スキンケア診断」
スキンケア診断
設問によってユーザーの肌タイプを分析し、タイプに応じたスキンケア商品を提案します。

フード市場においても、設問によってユーザーの好みを把握し、好みに応じた商品を提案するといった使い方が可能です。

スキンケア診断をやってみる

診断の他に利用頻度の高い方法が、尿検査です。
尿検査は顧客が尿検査サンプルをメーカーに送付し、顧客の栄養状態を診断する方法です。

尿検査にはオンライン上では調べられない顧客の栄養状態を、詳細に把握できるというメリットがあります。
そのため、栄養素に配慮したパーソナライズフードには、とても有効な個人情報取得方法と言えます。

一方で検査キットが有料であったり、診断結果までに時間がかかることで、始める際のハードルが高くなるという問題点があります。

食品製造

パーソナライズフードの二つ目の仕組みは、食品製造です。

パーソナライズフードは個人情報の分析結果をもとに、個人に最適化された食材や料理を製造します。
この食品製造には、ロボットや3Dプリンターなどの最先端技術が活用されています。

ロボットは、人間と同じように食材を切ったり炒めたりするだけでなく、個人の好みや目的に応じて調味料やスパイスを調整できるものもあります。
また、3Dプリンターは栄養素やカロリーをコントロールしながら、食材や料理の形や大きさを自由に変えることが可能です。

これらの食品製造技術は個人情報の分析結果と連携して、パーソナライズフードを製造します。

例えば、顧客がビタミンCや鉄分不足の場合、それらの栄養素を豊富に含む食材や料理が製造されます。
また、ダイエットや筋肉増強などが目的であれば、目的に適したカロリーやタンパク質の量の調整も可能です。
さらに、顧客の好きな味や形を反映することで、長期間の利用が期待できるようになります。

商品配送

パーソナライズフードの三つ目の仕組みは、商品配送です。
多くのパーソナライズフードでは、商品は製造したメーカーから直接、顧客に届けられます。

この商品配送の流れは、顧客とメーカーが直接つながるD2C(Direct to Consumer)ビジネスの形態をとっています。
D2Cビジネスとは中間業者を介さずに、メーカーが顧客に直接商品やサービスを提供する仕組みです。

D2Cビジネスが成立すると、顧客とメーカーはこれまでのビジネス形態よりも結びつきが強くなります。
個人は、直接メーカーから自分に合った食事を手軽に受け取ることで、パーソナライズフードメーカーに強い親近感を持つようになります。

また、メーカーは顧客のフィードバックやデータを収集することで、サービスの改善や新規開発に活かし、高品質な商品を継続的に提供することが可能です。

これらの相乗効果によってパーソナライズフードは個人のライフスタイルに欠かせないものになり、ファンとなった顧客からのSNS等による情報発信が期待できるようになります。
その結果、多くの顧客から高い支持を得ることで、パーソナライズフードのブランド構築を進められるようになるでしょう。

パーソナライズ戦術診断

パーソナライズフードの市場動向

パーソナライズフードは世界中で注目され、その市場は大きく拡大しています。
なかでも、米国ではパーソナライズフードの需要が高まり、多くのスタートアップが参入しています。

そこで、ここでは米国と日本におけるパーソナライズフードの市場動向について解説します。

米国市場

パーソナライズフードを含むパーソナライズドニュートリション市場は、世界で急速に成長しています。
2020年には83億米ドルだった市場規模が、2025年までに164億米ドルに達するのではないかと考えられています。(参照 https://www.value-press.com/pressrelease/239804
また、2020年から2025年にかけての予想年平均成長率(CAGR)は15.0%であり、今後も大きな市場拡大が予想されています。

そのパーソナライズドニュートリション市場において、最大のシェアを占めているのが米国を含む北米市場です。
そのシェアは約50%におよび、北米の主要マーケットである米国市場は、世界のパーソナライズドニュートリション市場をリードする存在となっています。

米国市場では、パーソナライズフード需要の高まりを受け、以下のようなスタートアップ企業が参入しています。

・利用者のライフスタイルと嗜好に合わせたメニュープランを作成し、食材の買い物リストや宅配サービスを提供する「PlateJoy」
・腸内細菌を調べるテストを実施して、200種類以上の素材から個人に合わせたサプリメントを調剤する「Viome」

また、今後もパーソナライズフードを含むフードテック分野において、米国は3.1兆円もの投資を行っています。
日本では700億円なので、それに比べると破格の投資額と言えるでしょう。
(参照 産経新聞

日本市場

日本において、2020年度のパーソナルミールソリューション市場規模は390.2億円と推計され、2030年度には2,740億円まで拡大すると予測されています。
(参照 矢野経済研究所

パーソナルミールソリューション市場はパーソナライズフード、献立(レシピ)提案アプリ、スマートキッチン家電、フードデリバリーサービスの4市場から構成されています。

パーソナルミールソリューション市場成長の背景には、ライフスタイルの変化や多様化が影響し、今後も個人に寄り添った食の在り方が重視されていくと考えられています。

このような社会の流れにおいて、パーソナライズフードも多くの企業参入が予想され、市場全体を拡大させると予想されています。

▼低コストで商談化率と成約率を上げる「診断マーケティング」を動画で解説!

マーケター診断(リード獲得用)

代表的なパーソナライズ手法

パーソナライズドマーケティングを実施したい場合、代表的な手法としては以下があります。

・パーソナライズド広告
・パーソナライズ動画配信
・パーソナライズメール
・ECサイトの商品紹介
・SNSのパーソナライズ表示
・パーソナライズド検索
・診断コンテンツ

各手法について詳しくは、下記の記事でご紹介しています。

売上が上がる「パーソナライズ化」とは?サービス事例や効果を紹介

「思ったよりいろいろな手法があるようだけど、自社に最適な手法はどれだろう?」

と気になった方には、以下のパーソナライズ戦術診断がおすすめです。

1分ほどの診断を受けるだけで、自社に最適な戦術と成功事例がわかります。

パーソナライズ戦術診断をやってみる

パーソナライズ戦術診断

パーソナライズフードの具体事例

現在、様々な企業が独自のコンセプトで、パーソナライズフード事業を展開しています。

ここでは、それらのパーソナライズフードの中から、注目されている6つの具体事例を紹介します。

YOUR MEAL(ユアミール)

「YOUR MEAL(ユアミール)」は、一人ひとりにパーソナライズされたミールキットが届く、ミールデリバリーサービスです。
顧客はカラダの状態などに関する約3分の「からだ状態と最適な食事診断」を受けることで、個人に最適化された食事プランや不足栄養素などが算出されます。

YOUR MEAL(ユアミール)

顧客には管理栄養士が監修した150種類以上のメニューの中から選ばれた食事が、シェフの調理後、瞬間冷凍されて届けられます。
ミールキットは電子レンジで加熱するだけで食べられ、管理栄養士等による食生活のサポートもうけられます。

「YOUR MEAL(ユアミール)」URL
https://yourmeal.jp/

Muscle Deli(マッスルデリ)

Muscle Deli(マッスルデリ)
「Muscle Deli(マッスルデリ)」は、目的に合った最適な栄養バランスの食事で、理想のカラダ実現をサポートするパーソナライズフードサービスです。

顧客はダイエットや筋肉増量などプランを選ぶと、自分の目的にあったメニューをセレクトできます。
また、目的が明確でない方は無料の食事診断を受診すると、おすすめのプランが紹介されます。

Muscle Deli(マッスルデリ)

メニューは和洋中やエスニックなど50種類以上が用意され、製品の最終製造は高い安全基準の国内工場で行われています。
また、管理栄養士が食事セミナーや食事相談を行い、食事管理をサポートしています。

「Muscle Deli(マッスルデリ)」URL
https://muscledeli.jp/

snaq.me(スナックミー)

「snaq.me(スナックミー)」は、ナチュラルでおいしいお菓子が届く、おやつのサブスクリプションサービスです。

顧客は「りっすのおやつカウンター」という診断をうけると、自分好みにパーソナライズされたお菓子が自宅に届きます。

snaq.me「りっすのおやつカウンター」

送られてきたお菓子をマイページで評価したり、食べてみたいおやつをリクエストすることで、自分好みのおやつBOXに近づいていきます。

おやつは食べきりサイズ(約20-30g)で届けられるので、小分けで食べ過ぎないのもうれしいポイントです。

「snaq.me(スナックミー)」URL
https://lp.snaq.me/

homeal(ホーミール)

homeal(ホーミール)
「homeal(ホーミール)」は、小さな子供から大人まで家族みんなが楽しめる、手のひらサイズの新常食をコンセプトとしたパーソナライズフードです。

homealは幼児から大人まで安心のホーミール基準を設定し、塩分控えめ、カロリー控えめ、栄養バランスの取れた健康食品を提供しています。

また、自分に合うメニューを知りたい方はメニュー診断を受けると、おすすめのメニューが紹介されます。

homeal(ホーミール)

メニューは手のひらサイズのため、ダイエット中や小腹がすいたときなど、様々なシーンで気軽に利用できます。
また、LINEによるサポート窓口が設置されているため、気軽に相談や質問することも可能です。

「homeal(ホーミール)」URL
https://homeal.co.jp/

PostCoffee(ポストコーヒー)

PostCoffee(ポストコーヒー)

「PostCoffee(ポストコーヒー)」は、15万通りの組み合わせから、あなた専用のコーヒーが届く、パーソナライズ飲料サービスです。

PostCoffeeはその人のライフスタイルに合ったコーヒー、淹れ方、頻度、価格を提案し、パーソナライズコーヒーライフを楽しめるスペシャルティコーヒー通販を行っています。

また、30万通りの中から好みのコーヒーを選ぶ「コーヒー診断」を行っていて、たった1分で自分のコーヒータイプを診断できます。

PostCoffee(ポストコーヒー)

サイトではコーヒーに関する様々なノウハウを紹介していて、コーヒーを飲料としてだけではなく、ライフスタイルの一部として楽しめる工夫が施されています。

「PostCoffee(ポストコーヒー)」URL
https://postcoffee.co/

OMA MESI(オマメシ)

OMA MESI(オマメシ)

「OMA MESI(オマメシ)」は食品大手のカルビーが展開する、カラダの状態に合わせた食事を提供するパーソナライズフードサービスです。

顧客は普段の食事など13の質問に答えると、栄養バランスやカラダの状態に関する診断が行われます。

OMA MESI(オマメシ)

顧客には診断結果に基づき、1日のエネルギー量や栄養バランスが考えられたおまめしセットが提案されます。

食事は主菜と副菜またはスープのセットが届けられ、レンジやお湯で温めるだけでライフスタイルとカラダの状態に最適な食事が楽しめます。

「OMA MESI(オマメシ)」URL
https://omamesi.jp/

マーケター診断(リード獲得用)

ビジネス成功の重要ポイント

現在、多くの企業が市場参入しているパーソナライズフード。
具体事例で紹介した通り、様々な切り口のパーソナライズフードが誕生しています。

パーソナライズフードはまだまだ未成熟な市場のため、成功するための明確な方法が確立しているとは言えない状況です。

ですが、現状で高い評価を受けているパーソナライズフードには、共通するポイントを読み取ることができます。

そこで、ここではパーソナライズフードビジネスで成功するための重要ポイントを、3つの観点から解説します。

パーソナライズ診断

パーソナライズフードビジネス第一の重要ポイントは、自分の顧客を知ることです。
顧客の詳細な個人情報はパーソナライズにおける基礎データとなり、その後のサービスに大きく影響します。

その個人情報を取得、分析するのに役立つのがパーソナライズ診断です。
パーソナライズ診断とは、ユーザーの健康状態やライフスタイルに関する質問を投げかけ、その回答を分析して最適な食べ物やレシピを提案する仕組みです。

パーソナライズ診断を利用すると、パーソナライズフードサービスにおいて以下のようなメリットが期待できます。

【メリット1.個人情報の即時分析】
現代では個人情報保護の観点から、顧客の属性や購買履歴以外の個人情報を取得するのが、とても難しい環境になっています。

しかし、パーソナライズ診断を利用すれば、顧客は自分から健康状態、ライフスタイル、食事の好みや目的など、様々な情報を提供します。
ここで、どのような情報を取得できるかが、自社が提供するパーソナライズフードビジネスの独自性に直結します。

【メリット2.診断による顧客理解】
パーソナライズ診断では顧客に質問するだけでなく、その回答から顧客の性格や嗜好、悩みや課題などを分析します。
このように顧客のニーズや欲求を深く掘り下げて提供する情報は、顧客にとっては単なるデータではありません。

診断結果のように自分の内面を即興で言い当てられると、人は「自分のことを分かってくれている」「自分を見抜く力がある」と相手を信じる心理効果が働きます。

【メリット3.顧客との信頼構築】
パーソナライズフードは、その効果を実感するまでに相応の期間が必要です。
そのため、顧客が効果を実感する前に、継続利用をやめてしまうケースが多々あります。

しかし、パーソナライズ診断を通して顧客の利用段階に合わせた食べ物やレシピを提案すれば、顧客の関心を惹きつけて満足度の急激な低下を防ぐことが可能です。

加えて、診断結果やアドバイスを通して「自分のことを理解してくれている」「自分だけの特別なサービスを受けている」という感覚を与えれば、心理的な信頼関係を構築できます。

 

このように心理的側面から顧客とのつながりをつくることで、リピート率のアップを図れるでしょう。

※参考事例 パーソナライズフードで利用される診断コンテンツ
「りっすのおやつカウンター」

「りっすのおやつカウンター」は具体事例で紹介した、お菓子サブスクリプションサービスのsnaq.meが提供する、自分好みのお菓子を選ぶ診断です。

顧客は表示されたお菓子への関心や苦手な食べ物を回答すると、キャラクターのりっすからおすすめのお菓子が紹介されます。

紹介されたお菓子の中から更に興味があるものをセレクトすることで、自分好みのお菓子セットがパーソナライズされます。
https://lp.snaq.me/

パーソナライズフードの商品力

パーソナライズフードは、特定の顧客ニーズに合わせて、最適化した食品や飲料を提案することが大切です。

食事は単に空腹を満たすだけでなく、顧客ごとに様々な目的を持っている場合があります。
例えば、健康維持や美容のため、筋力アップやスポーツパフォーマンス向上のため、ストレス解消やリラックス効果を得るなど、その目的は多岐に渡ります 。

パーソナライズフードは、このように目的を持った顧客に対して、高い優位性を持つことが可能です。

・健康維持や美容を目的としたサプリメントやスムージー、スープ
・筋力アップやスポーツパフォーマンス向上を目的としたプロテインやドリンク
・ストレス解消やリラックス効果を目的としたお菓子や飲料

このように目的が明確化されるほど、パーソナライズフードへのニーズや成長性が高いと考えられます。

だからこそ、パーソナライズフードビジネスを成功させるためには、どの顧客ニーズに重点を置いた商品にするかがとても重要です。

顧客の食品や飲料に対するニーズは多様であり、すべてに応えることはできません。
そこで、自社の強みや差別化要因を明確にし、ターゲットとする市場やセグメントを絞り込むことが求められます。

また、顧客ニーズは変化しやすいものです。
常に市場動向や消費者動向を分析し、柔軟に対応できるように考慮しましょう。

ブランディング

ブランディングとは自社の商品やサービスに対して、顧客に特定のイメージや感情を抱かせることで、差別化や付加価値を高める活動です。
パーソナライズフードビジネスにおいてもブランディングは重要な要素であるとともに、ビジネスの展開次第で高いブランディング効果を発揮できます。

パーソナライズフードは食品という特性上、リピート利用されるケースが多い商品やサービスです。
そのため、顧客が満足度の高い体験を繰り返すと、自然と商品やサービスに対する信頼が高まっていきます。

その信頼は顧客のロイヤルティを高め、時間とともに顧客はパーソナライズフードをブランドとして認知するようになります。

パーソナライズフードにブランドを感じる顧客は、多くの場合、自分だけの特別な体験を得ているはずです。
このような体験は、顧客が誰かに自慢したくなる気持ちを生み出し、自分が支持するブランドについて自ら情報発信するようになります。

このような口コミによる情報発信には高い広告効果があり、ウィンザー効果という心理効果によって、直接的な広告よりも高い信頼性を生み出します。

ウィンザー効果とは、直接訴えかけるよりも第三者を介した情報の方が信頼性が増すという心理効果です。
人が口コミのような第三者の意見を信じるのは、利害関係がない人の評価が良いと「クオリティを担保されている」と感じるためです。

パーソナライズフードビジネスで自社サービスをブランド化すると、顧客からの信頼やロイヤルティを得られるだけでなく、顧客の情報発信による新規顧客の獲得が期待できます。
だからこそ、パーソナライズフードによって提供する価値やメッセージを明確にし、顧客に支持されるブランド化を進めましょう。

パーソナライズ戦術診断

パーソナライズ診断を導入するなら「ヨミトル」

診断コンテンツはパーソナライズフードにとって、競合との差別化を図るとても重要な役割を担います。
特にリード(見込み客)を速やかに契約へつなげたり、顧客との信頼関係を構築する上においては、独自の診断コンテンツを有することがとても重要です。

しかし、診断コンテンツの作成には商品などの専門知識とは別に、診断独自の開発ノウハウや開発費用の問題があり、なかなか導入に踏み切れないケースが多々あります。

そのような方におすすめしたいのが、診断クラウドサービス「ヨミトル」です。
「ヨミトル」は診断の作成からデータ活用を簡単に始められる診断クラウドサービスです。

ここでは、「ヨミトル」を診断コンテンツ作成に利用するメリットについて紹介します。

自社での診断コンテンツ開発が可能

診断コンテンツの開発にはパーソナライズフードなど業界や食品の専門知識とは別に、診断独自の開発ノウハウが必要です。

しかし、このような診断開発ノウハウを自社スタッフだけでまかなえるケースは少なく、結果的に外部に制作依頼するケースがほとんどです。

外部への制作依頼はノウハウがなくても開発できるというメリットがある一方、自社内で開発や調整、カスタマイズができないというデメリットが発生します。

しかし、診断クラウド「ヨミトル」を活用すれば、自社内に診断コンテンツの専門家がいなくても、ロジック種別と設問の形式を選ぶだけで診断コンテンツを作成できます。

診断クラウドヨミトル

また、作成済み診断からひな型を流用すれば、より簡単に作成することも可能です。

自社で診断コンテンツを開発できれば、フレキシブルなロジック変更にも対応でき、ビジネスの状況に合わせて柔軟に対応できます。

実際にヨミトルをご利用いただいたお客様の声は、こちらでご紹介しています。

リーズナブルな制作費

通常、診断コンテンツの制作を外部に依頼すると、その内容次第ではありますが、300~500万円ほどの費用を見積もる必要があります。

この開発費用はビジネスを展開する規模によって認識が変わるものの、決して気軽に開発着手できる金額とは言えません。

しかし、診断クラウドサービスの「ヨミトル」を利用すれば、外部に制作依頼するよりもはるかに低いコストで診断コンテンツを開発できます。

診断クラウドサービスの「ヨミトル」は初期費用20万円・月額費用58万円(年間利用)と、外部に制作依頼するよりも圧倒的な低コストで制作することが可能です。​

診断クラウドヨミトル

また、利用期間についても、短期から長期まで複数のプランから選べます。

診断クラウドヨミトル 基本料金

「ヨミトル」を上手に活用すればスポットでパーソナライズサービスをテストし、顧客の反応を見ながら本格展開を検討することもできるでしょう。

診断データの分析・活用

ヨミトルでは、診断コンテンツから取得する情報を、任意に項目設定することが可能です。

取得した情報は診断レポート、回答レポート、アクセスレポートから確認できます。
これらのデータを分析・活用すればパーソナライズフードの商品開発へもフィードバックでき、さらなる顧客満足度の向上へとつなげられます。

診断クラウドヨミトル

また、リード(見込み客)情報を的確に一括管理すれば、売上やコンバージョン率のアップにつながるでしょう。

※ヨミトルで開発された診断コンテンツ事例はこちら

マーケター診断(リード獲得用)

まとめ

ここまで、今後、大きな市場拡大が期待できるパーソナライズフードの具体事例とビジネス成功のポイントを解説しました。

パーソナライズフードをはじめとする個人に最適化した食品や飲料の市場は、今後、世界規模で急拡大していくと予測されています。
そして、米国と比べると立ち遅れていた日本市場においても、これから新しいパーソナライズフード商品が登場し、その市場を拡大させていくでしょう。

「診断コンテンツ」「パーソナライズフードの商品力」「ブランディング」という3つの成功ポイントをいかにうまく組み合わせていくか?
それが、今後成長するパーソナライズフード市場において、顧客から支持されるための大きな鍵となっていくでしょう。

「診断コンテンツを活用して、パーソナライズサービスに挑戦したい」
「オリジナルの診断コンテンツを作成してみたい」

このようにお考えであれば、ぜひ、診断クラウドサービス「ヨミトル」のご利用をご検討ください。
また、「もっと詳しく診断コンテンツについて知りたい」というご要望がありましたら、こちらのフォームからお問い合わせください。

購読・フォローして最新情報をチェックしよう!

想定される活用シーン

レコメンド/パーソナライズ

想定される診断タイプ

パーソナライズ

ライター:リバーサイド

心理学マーケター

心理学に基づく人間の性格や愛情、行動分析などベースに20年以上に渡り、診断開発や企業のマーケティング分析を行う。心理学、脳科学、マーケティングの研究から、人間の心理とビジネスの良い関係作りに取り組んでいる。

AIで診断をカンタン作成
診断マーケティングは顧客を獲得する最強の手段

お見積り・資料請求・キャンペーンのご相談など
お気軽にお問い合わせください!

※お急ぎの方は、「ミーティング予約」よりご予約くださいませ。
※セールスのご予約は受け付けておりません。

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1791-4321

受付時間:10:00〜17:00

※セールスのお電話は受け付けておりません。
※リモート勤務の為、お電話での対応ができない場合がございます。