記事を
シェア

診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

コンテンツマーケティングとは?成果を出すための手法、事例をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングとは、顧客にとって価値のある情報(コンテンツ)をターゲット顧客に届け、最終的に購買へと繋げるマーケティング手法を指します。コンテンツマーケティングで成果を出すための手法、事例についてわかりやすく解説します。

更新日:2023/08/18

監修:田中博基(たなかひろき)

監修:田中博基(たなかひろき)

コンテンツマーケター

株式会社ピクルスのコンテンツマーケター。SEOライティング歴7年。月間250万PVのメディア運用に携わる。ピクルスではオウンドメディア、Twitter、診断コンテンツ、Youtube等のチャネル運営を統括し、UU数5倍以上、リード獲得数を20倍以上に成長させた実績あり。


コンテンツマーケティングとは、顧客にとって価値のある情報(コンテンツ)をターゲット顧客に届け、最終的に購買へと繋げるマーケティング手法を指します。

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、ユーザーのニーズと自社の課題の両面を考慮に入れて戦略を立て、その戦略に基づいて実行することが重要です。

今回の記事では、コンテンツマーケティングの意味だけでなく、成果を出すための手法や事例について、わかりやすく解説します。

※当コンテンツは、コンテンツマーケティングに強みを持つ診断作成ツール「ヨミトル」を提供するピクルスが監修しています。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングは、ターゲット顧客に有益なコンテンツを提供することでファンを獲得し、最終的に商品やサービスの購入に結び付け、長期的な収益を生み出すことを目的としたマーケティング手法です。

現在、顧客が情報を入手する経路は多様化しており、顧客が受け取る情報量も増大しています。例えば、メール、LINE、Webサイト、ホワイトペーパー、広告、セミナー、SNSなどさまざまな経路があります。

したがって、効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、顧客にとって価値のある情報(コンテンツ)を、ターゲット顧客がよく利用する経路を通じて発信することが求められます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの目的は、読者にとって価値のあるコンテンツを制作・発信することで、見込み顧客のニーズを育成し、購買へと繋げ、最終的にはファンとして固定化することです。この手法は有益な情報を発信することにより潜在顧客を引き付ける手法であり、効果的なマーケティング戦略の一部です。

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、ユーザーのニーズと自社の課題を考慮した戦略の立案と、その戦略に基づいたコンテンツマーケティングの実行が求められます。また、コンテンツマーケティングは、見込み客だけでなく、既存顧客向けのCRM(顧客関係管理)でも活用されます。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングには、代表的なものとして以下の12種類があります。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングには数多くの種類が存在し、それぞれ特徴やメリットが異なります。そのため、自社のマーケティング課題や目的にあった施策を選択し、実行することが重要です。

コンテンツマーケティングの種類について、詳しくは以下の記事で解説しています。

コンテンツマーケティングの種類12選|各手法の特徴や事例も解説!

これらのコンテンツマーケティングの施策の中でも有効な施策として、診断コンテンツがあります。診断コンテンツは、ユーザーが表示された質問に回答することで、回答に応じた診断結果を確認できます。

ピクルスでは、マーケティング課題診断という診断コンテンツを提供しており、有効商談化率が向上しています。

マーケティング課題診断という診断コンテンツを提供しており、有効商談化率が向上しています

マーケティング課題診断は、集客から成約、再契約までに必要な以下の3つのマーケティング課題から、現状の強味と弱味がわかる診断コンテンツです。

1 リード獲得
2 商談
3 カスタマーサクセス

マーケティング課題診断を商談前に実施するだけで、有効商談化率が50%アップするという、優れた実績を残しています。

「なぜ診断がコンテンツマーケティングに効くのか?」

診断の回答によって顧客の課題を分析し、それに基づいた提案が可能です。
また、顧客も自分の課題を認識できるため、提案された際の納得度が高く、結果として問い合わせや成約への行動変容が起こります。

この他の診断コンテンツにおいても、商談有効化率20%アップという実績があるため、診断コンテンツはコンテンツマーケティングにおいて有効な手段だと言えます。

診断コンテンツが気になる方は、ぜひマーケティング課題診断をお試しください。無料で自社のマーケティング課題がわかります。

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違い

コンテンツマーケティングについて説明する際に、オウンドメディアに関しても触れることがあります。コンテンツマーケティングとオウンドメディアは密接に関連していますが、それぞれ異なる特徴を持っています。

両者の違いを表にまとめると、以下のとおりです。

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違い

コンテンツマーケティングとオウンドメディアには、上記の違いがあります。しかし、認知拡大、リード獲得、ブランディングを行い、最終的に商品やサービスの購入に繋げるという目的は共通しています。詳しくは、以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

【専門家が監修】コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いは?目的や注意点も解説!

5倍のリードが手に入る

コンテンツマーケティングが重要になった理由

個人情報保護、3rdパーティクッキー規制、そしてCPAの高騰により、コンテンツマーケティングの重要性が一段と高まりました。これらの変化により、自社コンテンツを重視する企業が増加しています。

【理由1.個人情報保護】
2022年に個人情報保護法が改正され、3rdパーティCookieに代表される従来のターゲティング手法に制約が生じました。ユーザーのプライバシー保護が重視されるようになったため、コンテンツマーケティングに注力する企業が増加しています。

コンテンツマーケティングを実施することで、質の高いコンテンツを提供し、検索エンジンを通じた持続的なアクセスやSNSでの拡散を促進することができます。これにより、広告予算を抑えながら多くのユーザーにリーチすることができます。

また、長期的なコンテンツ作成によって継続的な効果を得ることができ、マーケティング予算を効果的に活用できるメリットもあります。

【理由2.3rdパーティクッキーの規制】
3rdパーティクッキーの規制が強化された結果、多くのブラウザがデフォルトで3rdパーティクッキーをブロックするようになりました。これにより、ユーザーの行動データを活用したWeb広告などのマーケティング施策に制限が生じました。

【理由3.CPAの高騰】
CPA(Cost Per Acquisition、顧客獲得単価)の高騰もマーケティングの課題となっています。3rdパーティCookieの規制強化に伴う広告費の増加や競争の激化により、CPAが高騰しました。これにより、広告に頼らないマーケティング手法の重要性が高まりました。

コンテンツマーケティングは、ユーザーに有益な情報を提供し、関心や信頼を獲得し、ファンや顧客を育成する手法です。社会情勢の変化に伴い、自社が提供するコンテンツを通じて、顧客のニーズに応え、関係性を強化する重要性が高まりました。

その結果、自社コンテンツはマーケティングの起点となりました。コンテンツマーケティングを通じて、ユーザーの関心を引きつけ、ファン化を促進することができます。自社が提供する情報やコンテンツが、顧客とのつながりを築く基盤となり、売上や収益の増加に貢献することが期待されています。

マーケター診断(リード獲得用)

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングは、予算の制約がある小規模な企業から大手企業まで幅広く活用可能です。予算やリソースに応じた計画を立て、資産となるコンテンツを顧客に提供することで、効果的なマーケティング活動が行なえます。

そんなコンテンツマーケティングのメリットを以下にまとめました。

コンテンツマーケティングのメリット

予算やリソースに応じて始められる

コンテンツマーケティングは、予算やリソースに合わせて柔軟に始められる点が大きなメリットです。大規模な広告キャンペーンや宣伝活動に比べて、比較的低コストで始めることができます。

例えば、自社のブログやSNSアカウントを活用してコンテンツを発信するだけでも効果が期待できます。

コンテンツが資産として蓄積される

コンテンツマーケティングでは、作成したコンテンツが資産として蓄積されるというメリットがあります。有益な情報や役立つコンテンツを提供することで、被リンクの獲得やSNSでのシェアに繋がります。

その結果、コンテンツは長期間にわたって価値を持ち続け、検索エンジン経由のアクセス増加や、潜在顧客へのアプローチに効果を発揮します。

様々なチャンネルでコンテンツを再利用できる

コンテンツマーケティングでは、一度作成したコンテンツを様々なチャンネルで再利用することができます。

例えば、ブログ記事をベースにしたメールマガジンやソーシャルメディア投稿、プレゼンテーション資料など、さまざまな形式で再利用することができます。

これにより、効率的にコンテンツを活用することができ、労力とコストの削減につながります。

マーケティング予算の削減につながる

コンテンツマーケティングは、広告費を大幅に削減できるというメリットもあります。

質の高いコンテンツを提供することで、検索エンジン経由の継続的なアクセスや、SNSによる拡散が促されます。これにより、広告費を抑えながらも多くのユーザーにリーチすることができます。

長期的にコンテンツを育成することで、継続的な効果を得ることができるため、マーケティング予算の効果的な活用が可能になります。

5倍のリードが手に入る

コンテンツマーケティングの始め方・ポイント

コンテンツマーケティングを始めるにあたり、最初にマーケティング戦略を策定し、実施する施策やリソースの配分を決定します。

その後、コンテンツ作成を行います。成果を出すためには、「顧客が知りたいこと」と「自社が伝えたいこと」が重なる部分の情報を、コンテンツとして作成することが重要です。

また、コンテンツマーケティングのツールを活用することで、マーケティング活動を効率化し、売上やCV率の向上が期待できるため、検討することをおすすめします。

これらのコンテンツマーケティングの始め方や、成果を出すためのポイントについて解説します。

戦略を立てる

コンテンツマーケティングを実践する際には、マーケティング活動全体の流れを理解し、実施する施策や人員・資源・予算の配分を決定する必要があります。

コンテンツマーケティングの戦略立案は、事業の目的達成のために、
・どの顧客に
・どのチャネルで
・どのようなコンテンツを
・どのツールを使って
・どの程度の費用と体制で
実行するかを計画することです。これにより、コンテンツマーケティングの目的である購買へと繋げることが可能になります。

マーケティング施策の全体設計、KGIとKPIの設定、ペルソナの設定など、成果を出すために必ず抑えておくべきコンテンツマーケティング戦略作成の9つのステップについて、以下の記事で詳しく解説しています。

コンテンツマーケティング戦略の立て方【効果を出すための9ステップ】

コンテンツを作成する

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、「ターゲット顧客が知りたいこと」と「企業側が伝えたいこと」の重なる部分の情報を、コンテンツとして作成し提供することが重要です。

以下の記事では、コンテンツマーケティングの成功事例、記事作成の手順、コンテンツ作成の内製と外注化の比較について解説しています。コンテンツマーケティングの記事制作の際に参考になります。

【事例つき】成果を出すためのコンテンツマーケティング記事作成のポイント

コンテンツマーケティングは、低予算でも効果が期待できるマーケティング手法です。しかし、社内のリソース不足から、外部の企業にコンテンツ作成を依頼するケースが増えています。しかし、どの企業を選べば良いか、代行してくれる会社の選び方について、分からない方も多いでしょう。

以下のリンク先の記事では、コンテンツマーケティング会社の選び方やおすすめの企業を紹介しています。BtoBに強い企業やBtoCに強い企業、両方の実績を持つオールラウンダーな企業など、さまざまな企業を紹介していますので、参考にしてください。

【2023年最新】コンテンツマーケティング会社17選をパターン別に紹介

ツールを利用して効果的に実施する

コンテンツマーケティングは、ツールを活用することで、マーケティング活動を効率化し、売上やコンバージョン率の向上が期待できます。

以下のリンク先の記事では、コンテンツマーケティングを行う際に便利なツールを紹介しています。これらのツールを用いれば、競合サイトの分析、自社サイトのアクセス解析、効果的なコンテンツ作成が可能になります。有料ツールだけでなく、無料ツールも紹介しているので、参考にしてください。

【2023】コンテンツマーケティングツール比較【有料7選、無料3選】選び方やメリットも解説

マーケター診断(リード獲得用)

コンテンツマーケティングの事例

コンテンツマーケティングは、BtoBにおいてもBtoCにおいても、様々な企業で行われています。しかし、BtoBとBtoCでは効果的な手段は異なるため、ターゲット顧客の求めている情報やメディアの特性を理解した上で行うことが求められます。

以下のリンク先の記事では、成果を上げたBtoB、BtoCのコンテンツマーケティングの成功事例を紹介しています。事例を紹介するだけでなく、分析した結果得られた成功するポイントについても解説していますので、参考にしてください。

【自社事例あり】コンテンツマーケティングの成功事例【BtoB、BtoC】成功するためのポイントとは?

【自社事例】BtoBコンテンツマーケティングの成功事例と実施手順を徹底解説

5倍のリードが手に入る

まとめ

今回の記事では、コンテンツマーケティングで成果を出すための手法や事例について解説しました。

コンテンツマーケティングは、ターゲット顧客に有益なコンテンツを提供することでファンを獲得し、最終的に商品やサービスの購入に繋げ、長期的な収益を生み出すことを目的としたマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングの目的は、読者にとって価値のあるコンテンツを制作・発信することで、見込み顧客のニーズを育成し、購買を促進し、最終的にはファンとして固定化することです。この手法は有益な情報を発信することにより潜在顧客を引き付ける手法であり、効果的なマーケティング手法の一つです。

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、ユーザーのニーズと自社の課題の両面を考慮に入れ戦略を立て、その戦略に基づいて実施することが重要です。今回の記事で解説した内容を参考にして取り組んでみてください。

マーケティング課題診断

自社のマーケティング課題を明確にする

購読・フォローして最新情報をチェックしよう!

想定される活用シーン

コンテンツマーケティング

想定される診断タイプ

パーソナライズ

ライター:土光 宜行(どこう よしゆき)

BtoBマーケター

ヘルスケア業界にてBtoBマーケティングに10年以上従事。この他に、製品開発、営業、パイプライン管理の経験あり。マーケティングの川上から川下まで俯瞰して施策を立案し、実行できる点が強み。

AIで診断をカンタン作成
診断マーケティングは顧客を獲得する最強の手段

お見積り・資料請求・キャンペーンのご相談など
お気軽にお問い合わせください!

※お急ぎの方は、「ミーティング予約」よりご予約くださいませ。
※セールスのご予約は受け付けておりません。

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1791-4321

受付時間:10:00〜17:00

※セールスのお電話は受け付けておりません。
※リモート勤務の為、お電話での対応ができない場合がございます。