診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

< 記事一覧

性格診断で夢のマイホームを見つける「ぴったりマイホーム診断」

診断コンテンツには、相性診断や適職診断、検定/テストなど様々な種類があります。今回はその中でも性格診断と夢のマイホームを掛け合わせた、LIFULL HOME’Sが提供する「ぴったりマイホーム診断」をご紹介します。

「ディグラム診断」をもとにした性格診断でリード獲得

全20問の質問に答えることで性格を診断し、その性格に合ったマイホームのテイストや理想の住まいなどを提示します。

心理学と統計学を掛け合わせた性格診断である「ディグラム診断」をもとにしており、ディグラム・ラボ監修の精度の高い性格診断です。

性格診断で共感を生んだ上で理想のマイホームを紹介することで、より納得感の高い診断コンテンツになっています。

本診断コンテンツでは自分に合ったマイホーム選びのポイントを知ってもらったうえで、より詳しい情報を得たい人を店舗・電話での相談を促してリード獲得を目指しています。リード獲得に向けてしっかりと工夫がなされているコンテンツですので詳しくポイントを見ていきましょう。

ポイント1. キャッチコピーやグラフで見やすい診断結果

診断結果ページは、「性格を一言で表したキャッチコピー」「性格要素の分布を表したレーダーチャート」「詳細文」「同タイプに人気の住まいテイスト」といったわかりやすい構成です。

グラフやアイコンなどを使い、視覚的に見やすくなるような工夫がされています。またコーポレートカラーであるオレンジがアクセントとなり、親しみやすいデザインにまとめられています。

ポイント2. 会話調でわかりやすい診断結果コメント

診断結果ページの後半では、該当性格タイプが持ちやすい住まいのお悩み・理想の住まいが紹介されています。

文章だけでは読みにくいところを、公式キャラクターのホームズくんがアドバイザーにインタビューする会話調にまとめることで、分かりやすく表現されています。

さらに、アドバイザーは実際の顔写真を使用することで、対面しているかのような疑似的な会話体験を演出しています。より親近感が醸成され、CTAの「相談する」ボタンへのハードルも低くなることでしょう。

さいごに

性格診断とマイホーム選びを紐付けた「ぴったりマイホーム診断」をご紹介しました。

診断結果ページで視覚的に分かりやすいグラフやアイコンを用いたり、親しみやすい会話調のコメントでまとめたり、離脱されないための工夫がなされていました。

ぜひ診断コンテンツを制作する際の参考にしてみてください。

利用料金・管理画面のデモ・
作成方法など、
お気軽にお問い合わせください。

ヨミトルは、診断コンテンツをの作成からデータ活用まで可能なクラウドサービスです。
詳しい特徴はこちらをご確認ください。

イメージ画像|診断コンテンツが作成できる

診断コンテンツが
作成できる

イメージ画像|自社サイトに設置できる

自社サイトに
設置できる

イメージ画像|リード情報取得 データ活用ができる

リード情報取得
データ活用ができる