診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

< 記事一覧

「薄毛危険度診断」を通じて育毛サロンの体験コースへ誘導!リード獲得につなげる診断コンテンツ事例

人に相談しにくいようなお悩みも、診断コンテンツであれば気軽に受けることができます。今回は育毛サロンWELLKINが提供する「薄毛危険度診断」をご紹介します。

薄毛の危険度を把握し、育毛サロンの体験コースに誘導

生活習慣や頭皮の状態などに関する20問の質問に「はい」か「いいえ」の二択で答えることで、薄毛危険度を診断するコンテンツです。

診断結果ページには、より詳細な本格頭皮診断と体験コースを受けられるクーポンがついており、店舗への来客を促しています。リード獲得につなげるための工夫がしっかり施された最適な診断コンテンツです。

ポイント1. 危険度をわかりやすい点数で表現

全ての質問に回答すると、診断結果ページでは薄毛の危険度の点数と一言コメントが表示されます。点数による定量的な結果と、一言コメントによる定性的な結果の両面から、自身の状態を正しく知ることができます。

危機感の醸成をしながらも、薄毛を防ぐためのアドバイスコメントもあり、紹介商材である育毛サロンへの関心を促します。

ポイント2. 特別クーポンによるお得感の演出

診断結果ページをさらにスクロールすると、当選クーポンが表示されます。

診断結果の内容によらず全員に当たるクーポンですが、今当選したかのような特別な演出で、お得感を感じることができます。クーポンの画像には動きもついており、つい押したくなるような工夫がされています。

適切な危機感を醸成した上で、さらに次のステップへのハードルを低くすることで、うまく商材に誘引しています。

さいごに

自分の頭皮の状況がわかる「薄毛危険度診断」をご紹介しました。

正しい自己認識をすることで、次に何をするべきかがわかり、行動意欲も高まります。今回の診断コンテンツのように、心理的な状態も踏まえて、CTAまでの行動を設計しましょう。また、クーポンなどのオファーも効果的です。

ぜひ、リード獲得につなげる診断コンテンツの設計にお役立てください。

利用料金・管理画面のデモ・
作成方法など、
お気軽にお問い合わせください。

ヨミトルは、診断コンテンツをの作成からデータ活用まで可能なクラウドサービスです。
詳しい特徴はこちらをご確認ください。

イメージ画像|診断コンテンツが作成できる

診断コンテンツが
作成できる

イメージ画像|自社サイトに設置できる

自社サイトに
設置できる

イメージ画像|リード情報取得 データ活用ができる

リード情報取得
データ活用ができる