診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

< 記事一覧

SNSキャンペーンに診断コンテンツを活用した成功事例「楽しく生きるためのエナジー診断」

今回ご紹介するのは、「楽しく生きるためのエナジー診断」という診断コンテンツです。2社合同でのコラボ企画でSNSキャンペーンに繋げるために様々な工夫が施されています。

今回ご紹介するのは、「楽しく生きるためのエナジー診断」という診断コンテンツです。2社合同でのコラボ企画でSNSキャンペーンに繋げるために様々な工夫が施されています。

診断コンテンツで自分らしい働き方を発見する

「楽しく生きるためのエナジー診断」は、合計8つの設問からユーザーの性格タイプを導き出す診断コンテンツです。

働き方に関する設問に対して「YES/NO」のどちらかで回答し、診断結果ページをTwitterでシェアすることで、キャンペーンに参加できる仕様になっています。

ポイント1.話題を集めるコラボレーション企画

「楽しく生きるためのエナジー診断」は、株式会社Cyber Nowが運営する働き方メディア「新R25」と、日本コカ・コーラ株式会社が販売する「REALGOLD」とのコラボレーションによって生まれた診断コンテンツです。

そのため、REALGOLDのメインカラーで診断コンテンツが作成されています。また、新R25のイラストキャラクターもコンテンツの所々に登場します。

例えば以下の画像は、本診断コンテンツの診断中の画面です。診断コンテンツの進捗度合いを示すゲージに、新R25のイラストキャラクターが載っています。

このようなコラボレーションにより、ユーザー同士の間で話題が生まれ、両者のファンにアプローチができます。

特にSNSキャンペーンの参加者を集めるには話題性が重要になるので、話題を呼ぶコラボレーション企画は非常に効果的と言えます。

ポイント2.ユーザーの性格タイプを9つに分けて分類

本診断コンテンツでは、ユーザーの性格タイプを9つに分けて分類しています。

8つの設問に対して回答すると、診断結果ページでは上記の性格タイプの中から適切なものが1つ表示される仕様です。

また性格タイプだけではなく、「どのような環境での仕事が向いているか」「どういった趣味がおすすめか」といった診断結果も表示されます。

このように診断結果が具体的であるほど、ユーザーの表現欲求(シェアしたい気持ち)を刺激します。その結果、多くのユーザーがキャンペーンに参加するようになり、商品のことを知ってくれる機会も増えるでしょう。

さいごに

本記事では、新R25とREALGOLDがコラボレーションして作成した「楽しく生きるためのエナジー診断」を紹介しました。

「楽しく生きるためのエナジー診断」は、より多くのユーザーにキャンペーンの参加を促すために、様々な工夫を施している診断コンテンツです。

SNSキャンペーンに診断コンテンツを取り入れたい方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

利用料金・管理画面のデモ・
作成方法など、
お気軽にお問い合わせください。

ヨミトルは、診断コンテンツをの作成からデータ活用まで可能なクラウドサービスです。
詳しい特徴はこちらをご確認ください。

イメージ画像|診断コンテンツが作成できる

診断コンテンツが
作成できる

イメージ画像|自社サイトに設置できる

自社サイトに
設置できる

イメージ画像|リード情報取得 データ活用ができる

リード情報取得
データ活用ができる