診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

< 記事一覧

学生向けの適職診断で、専門学校への興味を促進!「あなたに合う職種を診断してみよう!」

診断コンテンツは、多くの選択肢の中から、自分にあったものを見つけられるパーソナライズがメリットの1つです。今回は、おすすめの職種と専門学校を紹介する「あなたに合う職種を診断してみよう!」をご紹介します。

学生向けの適職診断で、おすすめの専門学校を紹介

性格に関する22問の質問に答えることで、自分に合った職種と、おすすめの専門学校を紹介する診断コンテンツです。

本診断コンテンツを提供している麻生専門学校グループは、ビジネスや医療福祉、デザイン、工科など、それぞれの職種に対応した専門学校を複数有しています。

「どんな職種が自分に合っているのかわからない」「どの大学・専門学校に進むか悩んでいる」といった学生に向けて、専門学校への興味関心を促進する狙いがあります。

工夫ポイント1. ゲーム感覚で楽しめるポップなデザイン

学生向けの適職診断ということで、ゲーム感覚で楽しめるよう全体的にポップなデザインでまとめられています。

診断回答ページでも、背景に踊っている学生のイラストが散りばめられていたり、回答選択時のチェックマークには鮮やかな黄色が使われていたりと、堅苦しくない楽しい雰囲気が伝わってきます。

ターゲットである学生により興味をもってもらえるように、工夫されたデザインです。

工夫ポイント2. ユーザーの興味関心に合わせた診断結果の見せ方

診断結果ページでは、まず自身の強みとなる特徴を伝え、それを踏まえたおすすめの職種を複数列挙し、最後に麻生専門学校グループ内の学校を紹介しています。

この適職診断コンテンツを受ける学生は、将来やりたいことが明確に決まっておらず、まずは自分の強みやそれを活かせる職を知りたいと思っている人も多いはずです。

そんな彼らの興味関心に沿って、最も知りたいことから順番に伝えるストーリー設計がなされています。

さいごに

適職診断によっておすすめの専門学校がわかる「あなたに合う職種を診断してみよう!」を紹介しました。

診断コンテンツ全体のデザインや、診断結果を伝える時のストーリーなど、ターゲットの心情や興味関心に寄り添うことがポイントです。

診断コンテンツを作成する際には、ぜひターゲットの興味関心に合わせて設計しましょう。

利用料金・管理画面のデモ・
作成方法など、
お気軽にお問い合わせください。

ヨミトルは、診断コンテンツをの作成からデータ活用まで可能なクラウドサービスです。
詳しい特徴はこちらをご確認ください。

イメージ画像|診断コンテンツが作成できる

診断コンテンツが
作成できる

イメージ画像|自社サイトに設置できる

自社サイトに
設置できる

イメージ画像|リード情報取得 データ活用ができる

リード情報取得
データ活用ができる