記事を
シェア

診断マーケティングTREND

診断コンテンツの作成方法から活用方法まで、診断マーケティングのすべてがわかるメディア。

CTRとは?計算方法・平均値・改善のコツなどを詳しく解説

CTRについて詳しく理解し、自社のマーケティング成果を効率的に向上させたい方も多いでしょう。

CTRとは広告・コンテンツの表示回数に対してクリックされた割合を示す指標です。CTRを改善すれば、より多くのユーザーに広告・コンテンツへアクセスしてもらえるようになり、認知拡大・売上向上などに繋げられます。

今回はCTRについて基本情報・計算方法・平均値・改善のコツなどを詳しく解説します。

CTRに加え、CPAや商談化率も同時に改善する新手法もご紹介。

CTRを正しく理解し、自社商品・サービスの売上を効率的に拡大させたい方は、ぜひ参考にしてください。

※本記事は、CTR改善に効果的な診断作成ツール「ヨミトル」を提供する「ピクルス」が監修しています。

CTRとは

CTRは「Click Through Rate(クリックスルーレート)」の略で、特定の広告・コンテンツが表示された回数に対して、クリックしたユーザーの割合を示す指標です。CTRは、広告・コンテンツがユーザーに効果的な訴求ができているかを確認する役割があります。

仮にCTRが低い場合、ユーザーに適切な訴求ができていないと考えられるため、広告・コンテンツの改善が必要です。配信したコンテンツの効果測定・改善に使われる重要な指標であるため、CTRの定義・改善方法を理解しておくのが大切です。

CTRが重要な理由

CTRが重要な理由は、主に以下の2点です。

・広告・コンテンツの成果を客観的に把握できる
・費用対効果を把握できる

CTRは広告・コンテンツがどれだけ関心を引きつけ、ユーザーにアクションを促せられるかを示す指標です。CTRが高いほど広告・コンテンツが効果的であると確認できます。

さらに、CTRは広告の費用対効果を測定するのにも役立ちます。広告の目的は、可能な限り多くのユーザーに商品・サービスを知ってもらうことです。CTRが高ければ少ない広告費で多くのアクセスを得られるため、効率的に宣伝効果を得られます。

以上の理由から、CTRはデジタルマーケティングにおいて非常に重要な指標です。広告主・マーケターは、CTRを常に把握して最適化する戦略を立てる必要があります。

5倍のリードが手に入る

CTRの計算方法

CTRは、以下の数式を用いて計算します。

CTR(%)= (クリック数÷広告・コンテンツの表示回数)×100

例えば、ある広告が1000回表示されて10回クリックされた場合のCTRは以下の通りです。

CTR=10回(クリック数)÷ 1000回(広告の表示回数)×100=1%

上記の通り、CTRは1%です。この場合、広告が表示されるたびに平均して1%の確率でクリックされることを意味しています。

マーケター診断(リード獲得用)

CTRの目安・平均

CTRは業界ごとに目安・平均が異なります。自社が所属する業界の平均値を把握して、CTRを評価するのが大切です。次の見出しでは、以下2つのパターンで業界ごとのCTR平均値を紹介します。

・SEOのCTRの目安・平均
・リスティング広告のCTRの目安・平均

SEOのCTRの目安・平均

SEOのCTRとは、検索エンジンの検索結果が表示されたときに、ユーザーがどのページをクリックしたのかを示す割合です。具体的には「ページの表示回数÷クリックした数」で表せます。

SEOのCTRは検索結果の表示順位と密接に関連しています。表示順位が高いほどCTRも向上する傾向です。SEO Clarityによれば、検索結果の表示順位ごとに以下のCTRが平均値として報告されています。

SEOのCTRの目安・平均
出典:CTR Research Study: The Largest Ever for SEO|SEO Clarity

PC・モバイルともに検索結果の1位が最も高い数値となっており、順位が下がるごとにCTRも下降傾向になります。

リスティング広告のCTRの目安・平均

リスティング広告のCTRとは、表示された広告をユーザーがクリックした割合を示します。具体的には「広告の表示回数÷広告がクリックされた回数」で算出します。

リスティング広告のCTRは、業界・ビジネスによって異なります。WordStreamの調査によれば、業界ごとの平均CTRは以下表のように報告されています。

リスティング広告のCTRの目安・平均
出典:Google Ads Benchmarks for YOUR Industry|WordStream

最も高い業種は不動産で、CTRは1.08%が平均値です。他の業界は大きく差がなく、0.5%前後が平均的な値となっています。

5倍のリードが手に入る

SEOとWeb広告に共通するCTR改善のコツ

SEOとWeb広告に共通するCTR改善のコツとして、以下の8つが挙げられます。

1. 広告にマッチしたキーワードの設定
2. 適切なキーワード設定
3. 適切なターゲット設定
4. 広告表示オプションの追加
5. 訴求内容とユーザーのニーズがマッチしているか
6. 広告文(タイトル)が適切か
7. キーワードと広告文の関連度を上げる
8. コンバージョンまでの経路を提示する

CTRを改善する場合は、上記ポイントを参考にしてください。

1.広告にマッチしたキーワードの設定

広告にマッチしたキーワードの設定は、CTRを改善するための重要なステップです。検索エンジンで入力されるキーワードが含まれる広告であれば、ユーザーニーズに合致しやすくCTRが向上します。

例えば、ある商品の広告を出す場合、商品に関連するキーワードを広告文に含めれば検索結果に表示される確率が高まります。広告の表示回数が増え、CTRも向上する確率が高くなるでしょう。

マーケター診断(リード獲得用)

2.適切なキーワード設定

適切なキーワード設定もCTRの改善に寄与します。Web広告・コンテンツが表示される検索クエリを適切に設定すれば自社ターゲットにのみ表示でき、ユーザーがアクセスする確率を高められるためです。

Web広告の管理画面では表示される検索クエリの設定はもちろん、特定のキーワードを非表示にする除外設定ができます。除外設定を活用すれば、ターゲットが検索する確率の高い検索クエリでのみ表示できるため、効率的に広告成果を高められます。

3.適切なターゲット設定

適切なターゲット設定もCTRの改善に重要です。年齢・性別・興味などさまざまな情報をもとにターゲットを詳細に設定すれば、ユーザーニーズを満たす適切なキーワード・コンテンツ内容が明確になります。

また、適切なターゲット設定により、広告がユーザーの検索クエリや興味に合致するようにもなります。これにより、ユーザーにとって関連性が高く、有益なものとなるため、クリック率やコンバージョン率の向上が図れるでしょう。

広告であれば、関連性の高いユーザーに対してのみ表示する設定にして興味・関心の低い層への表示を避けることも可能です。ターゲットのニーズに合った情報を提供し、CTRを向上させましょう。

4.広告表示オプションの追加

広告表示オプションの追加もCTRの改善に有効です。広告オプションとは、Google広告・Yahoo!広告で利用可能なテキスト以外に設定した情報を表示させられる機能です。

具体的には、表示された広告に住所・電話番号・サービスの料金などを表示できます。説明文などテキスト以外の情報を追加すれば、広告が表示される範囲が大きくなりユーザーの目に留まりやすくなります。結果としてアクセスを促しやすくなり、CTRを向上できる点がメリットです。

5.訴求内容とユーザーのニーズがマッチしているか

広告・コンテンツの訴求内容とユーザーニーズがマッチしているかどうかは、CTR向上の重要な要素です。ユーザーが求めている情報と広告・コンテンツの内容が一致していれば興味・関心を引きつけやすくなり、クリックされる可能性が高まります。

例えば、自社商品に対する興味が薄い層をターゲットとする場合は、ハウツーを紹介するコンテンツが有効です。しかし、やみくもに作成しても効果は見込めないため、ターゲットとなるユーザーの行動・興味・ニーズを理解し、適したコンテンツ・広告を作成することが重要です。

ちなみに、商品・サービスの情報を紹介するランディングページの改善方法は以下の動画で詳しく紹介しています。ランディングページのCTRが低く、コンテンツの改善を行いたい場合は参考にしてください。

6.広告文(タイトル)が適切か

広告文・タイトルは、ユーザーが広告・コンテンツをクリックするかどうかを大きく左右します。広告文・タイトルを見てアクセスするかを判断するため、ユーザーのニーズにあった内容を記載するのがCTRを向上させるポイントです。

タイトルは短く明確で、ユーザーの興味を引く内容を記載する必要があります。また、タイトルにターゲットが検索するであろうキーワードを含めれば、検索結果との関連性を高めてCTRを向上させられます。

また、タイトルはA/Bテストによって選別していくことが重要なため、あらかじめいくつかのタイトルを作成しておきましょう。目安として5~10個は必要です。

そのABテスト、本当に意味ある?統計を活用した正しい手法をご紹介。

7.キーワードと広告文の関連度を上げる

キーワードと広告文の関連度を上げるのも、CTRを改善するうえで重要な手段です。特に検索キーワードが広告文に記載されていると、広告にアクセスされやすい傾向があります。検索ワードが記載された広告文が表示されれば、求める情報があるとユーザーに判断されてアクセスを促しやすくなるためです。

ただし、キーワード選定が重要になるため、Googleが提供するキーワードプランナーなどを活用して検索ボリュームなどを調査し、どのようなキーワードに検索需要があるか確認しましょう。ターゲットが検索する需要の高いキーワードを広告文に記載すれば、多くのアクセスを促しCTR向上を期待できます。

8.コンバージョンまでの経路を提示する

広告・コンテンツからコンバージョンまでの経路を明確に提示するのも、CTRを改善するために重要です。タイトル・広告文などで商品購入・問い合わせなどの検討材料となる情報を記載すれば、ユーザーがコンバージョンへの導線をイメージしやすくなりアクセスを促せます。

例えば、ホテル業の場合は場所・料金・アクセス手段などがサービス利用・問い合わせを検討する判断材料となります。ユーザーがどのような情報を求めているか把握し、広告・コンテンツでうまく訴求しましょう。

5倍のリードが手に入る

CTR・CPA・商談化率を同時に改善する方法

CTR・CPA・商談化率を同時に上げる方法として、「診断コンテンツ」の活用が有効です。

診断コンテンツとは、ユーザーが複数の設問に回答して診断結果を表示させられるコンテンツです。診断結果に基づいてパーソナライズされたコンテンツを提供できるため、ユーザーの関心を引きつけてCTRを向上させられます。

さらに、診断コンテンツはユーザーが自身の問題を理解して解決策を求めるため、購入・問い合わせなどのアクションにつながる可能性が高まります。コンバージョン数が増加しやすく、CPA・商談化率の改善も可能です。

例えば、ピクルスでは以下の「Instagramキャンペーン企画診断」を導入したところ、CTRと商談化率が向上し、CPAの改善も見られています。

キャンつく|導入結果の例

また、診断コンテンツの作成は、外部業者に依頼すると300〜500万円程度の高額な費用がかかります。しかし、診断コンテンツ作成ツール「ヨミトル」は8つのプランを提供しており、予算に応じた料金で利用できるため低コスト(5万円~)で診断コンテンツの作成が可能です。

さらにヨミトルでは複数のテンプレートが用意されており、専門的な知識やノウハウがなくてもスムーズに診断コンテンツを作成できます。診断コンテンツを作成する場合は、「ヨミトル」も合わせて活用してください。

マーケター診断(リード獲得用)

まとめ

CTRは表示回数に対してどれだけ広告・コンテンツがクリックされたかを測る重要な指標です。CTRを改善するためには、ユーザーニーズを満たした適切なキーワード・コンテンツを設定するなどいくつかのポイントを押さえる必要があります。今回の内容を参考にCTRについて正しく理解して改善させ、自社商品・サービスの売上拡大を効率的に図りましょう。

また、CTRの改善には診断コンテンツが有効です。診断コンテンツはCTRだけでなくCPA・商談化率などあらゆる指標の改善に有効で、広告・コンテンツの成果を最大化できます。既存の施策でCTRがなかなか改善しない場合は、診断コンテンツと作成ツール「ヨミトル」をぜひ活用してください。

購読・フォローして最新情報をチェックしよう!

想定される活用シーン

リード獲得

想定される診断タイプ

パーソナライズ

ライター:藤田 春樹(ふじた はるき)

WEBライター

マーケティング分野を中心に複数のメディアでWEBライティングやメディア運営に携わる。SEOコンサルティング会社での勤務経験を活かし、検索上位化を目指したコンテンツ作成に強みがある。

AIで診断をカンタン作成
診断マーケティングは顧客を獲得する最強の手段

お見積り・資料請求・キャンペーンのご相談など
お気軽にお問い合わせください!

※お急ぎの方は、「ミーティング予約」よりご予約くださいませ。
※セールスのご予約は受け付けておりません。

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1791-4321

受付時間:10:00〜17:00

※セールスのお電話は受け付けておりません。
※リモート勤務の為、お電話での対応ができない場合がございます。